オンライン面会がスタートします

詳細はこちら

面会制限について

新型コロナウイルス感染症防止のため、当面の間、面会を面会をご遠慮いただきたいと存じます。
洗濯物等を取りに行く場合は、職員が対応いたしますので受付にお声がけください。

サービス

入所

入所

高齢者の自立を支援し、家庭への復帰や自立支援を目指した施設で、病院と ご家庭の中間に位置する役割を持った施設です。病気の治療を目的とする施設ではなく、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練、療養上のお世話などを行い、ご家庭に復帰する為の施設です。

ショートステイ

ショートステイ

ご利用者様が可能な限りご自宅で自立した日常生活を送ることができるよう、 ご自宅にこもりきりの孤立感の解消や心身機能の維持回復だけでなく、ご家族様による介護の負担軽減などを目的としています。介護が必要な方の短期間の入所を受け入れ、入浴や食事などの日常生活上の支援や、機能訓練などを行います。

通所リハビリテーション

通所リハビリテーション

通所リハビリテーションは、ご利用者様が可能な限りご自宅で自立した日常生 活を送ることができるよう理学療法、作業療法その他必要なリハビリテーションを行い、ご利用者様の心身機能の維持回復を図るサービスです。又、ご家族様による介護の負担軽減などを目的としています。食事や入浴などの日常生活上の支援や、生活機能向上のための機能訓練や口腔機能向上サービスなどを日帰りでご提供します。小集団リハビリやクラブ活動などの高齢者同士の交流もあり、ご自宅から施設までの送迎も行います。

居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所では、介護が必要な方やそのご家族様が安心して生活が送れるように介護の専門家であるケアマネジャー(介護支援専門員)がご利用者様に合わせたサポートを提案いたします。ケアマネジャーは要介護認定の申請や更新手続きの代行、ケアプラン (居宅サービス計画書)の作成などをおこない、ご利用者様とそのご家族様が快適に暮らせるお手伝いをいたします。手続きの代行やケアプラン作成はすべて介護保険が適用されるため、ご利用者様の自己負担はございません。

年間イベント

施設案内

ご挨拶

医療法人社団春明会の嚆矢は昭和47年に春日部市に開設された無床診療所みくに医院であります。
その後今日までの歩みは、みくに医院新設移転、みくに病院設立、医療法人春明会設立、 訪間介護ステーションすみれ及び老人保健施設ちとせ開設、みくに病院新設移転およびみくに中央クリニック開設と着実な進展をして来ました。
平成28年5月には社会福祉法人春栄会特別養護老人ホームおおましの開設に至っております。
私たちの首尾一貫したスタイルは常に患者様や、ご利用者様ファーストであることです。この事 は、昭和47年のみくに医院設立以来微塵の変化もございません。
また私たちは、上記のすべての施設の密接なる協力関係に基づいた連携プレイによって患者様や利 用者様に最良の医療、介護サービスを提供できるよう心がけております。法人職員ひとりひとりが 地域の皆様に奉仕し、地域社会への貢献に日々精進し続けます。

施設概要

医療機関名 医療法人社団春明会 
介護老人保健施設 ちとせ
所在地 〒344-0036
埼玉県 春日部市 下大増新田81-1
開設者 理事長 三國明
開設年月日 1998年10月
職員数 90名

お車ご利用の方

さいたま市・岩槻・東北自動車道方面から

岩槻ICから国道16号線を春日部・野田方面に約5kmの「増戸北」交差点を右折。
1つ目の信号を左折して約800mの信号「下大増新田」を直進して約80m先の右側

柏・野田方面から

国道16号線の信号「豊春駅入口」を左折。突き当たり(T字路)の信号「上大増新田 (北)」を右折。約800m先の信号「下大増新田」を左折して右側

足立区方面から

旧4号線の信号「武里駅入口」を左折。県道80号線を約2.2km走行し、信号 「増田新田」を右折。2つ目の信号(T字路)を左折して、約500m先の左側

公共交通機関ご利用の方

東武伊勢崎線・野田線

春日部駅西口下車 みずほ銀行前の②番バス停

朝日バス

「かすかべ湯元温泉行き」乗車、終点で下車(約15分) 徒歩約3分
特別養護老人ホームおおまし隣

朝日バス時刻表
① 春日部駅西口発(かすかべ温泉行き)
② かすかべ温泉発(春日部駅西口行き)

ちとせの特徴

画像1

春日部湯元温泉からいただいている天然の温泉を利用した温泉浴が魅力です
*温泉水は湯温調整の為、加水しております

画像2

6名の看護師/准看護師と1名の作業療法士が在籍しており、多彩なリハビリを通じてご利用者様の身体機能向上のお手伝いをいたします

画像3

1998年より地域の老健として活動しており、実績とノウハウがあります

~退所後について~

介護老人保健施設は、主に医療的なケアやリハビリを必要とする要介護者が入居できる施設であるため、よく病院と自宅の中間的なポジションにあると言われております。そのため在宅復帰を前提としたリハビリが中心となります。
老健ちとせには関連法人施設として「みくに病院」、「みくに中央クリニック」、「訪問看護ステーションすみれ」、「特別養護老人ホームおおまし」といったご利用者様の容態に合わせた適切なサービスを提供することが可能です。